糖尿病 〜症状はさまざま〜

・糖尿病 〜症状はさまざま〜

生活習慣から起こる糖尿病の症状は一概には言えず、人それぞれです。
ちなみに私の周囲の人の場合、異常なほどの喉の渇きを感じるようになりました。

また、体重が急にガクンと落ちる、立ちくらみになるなど、糖尿病による身体への影響は多岐に渡ります。

健康診断によるチェックで自身が糖尿病であると気づく場合は多いいのですが、計測時の血糖値がたまたま低かったりした場合は発覚が遅れることも。

1型糖尿病の場合は、ある日急に症状を自覚することもあるのですが、2型糖尿病である場合、約5年ー10年の長期間で発症する上、該当者の半数は合併症の初期症状に悩まされています。



・自覚しにくい糖尿病の症状

実際に糖尿病になった場合は、トイレが近くなったり、体重が減ったり、睡眠時間を確保しても疲れが取れない、無性に飲み物がほしくなる、など様々ですが、仮にそういった自覚があったとしても多くの人は糖尿病であることを心配しないのが問題。

例えば毎日忙しくしている人なら多少の倦怠感や眠気が取れない状態であっても「あぁ、疲れているだけだ」と思って見過ごしてしまいがちです。また、年齢を重ねると多少の不調は当たり前に思ってしまうので日頃からの注意が大切です。

合併症は、糖尿病から起こる大きな問題で、昏睡状態や失明といった大きなリスクが考えられます。

気がついたら大変な事態になっていたということがないように、血糖値を健全に維持し、少しでも糖尿病の症状に近い体調の異変があった場合は専門医に相談するなどの早期の解決を心がけましょう。

糖尿病になるキッカケ

・糖尿病になるキッカケ

今や日本では2,000万人が糖尿病、といわれていますが、少し前までは生活習慣ではなく、遺伝が大きく関係している病気と解釈されていました。

子供が糖尿病で、その人の親が糖尿病だった場合、遺伝が原因か?と考えられていたわけですが、家庭環境が単に同じ条件で、類似のものを食べる生活をしていたせいであり、必然的に糖尿病になる、というだけだったのです。

つまり、遺伝が原因とする以外の問題があったということ。

そのほか、糖尿病は肥満体型の人に多い傾向があります。しかし、太っている人は皆糖尿病、という事でもないので一概には言えませんが、普通体型の人と比べると糖尿病になるリスクは高くなるので注が必要です。



・1型糖尿病、2型糖尿病 それぞれの原因について

<1型糖尿病>
ハッキリとした理由は確立していないのですが、外部の異常から身を守る免疫系異常が主たる原因とされています。遺伝、ウイルス、自己抗体、哺乳食をいつ始めたか、といった点と関係があるといわれます。乳幼児の体内に牛乳などのタンパク質を摂取した際、抗体が反応することが大きな問題とはいうものの、確証に至ってはいない状態のようです。

<2型糖尿病>
主な原因では、加齢、遺伝、肥満、のほか、生活習慣が原因と現代では解釈されています。不規則な生活や偏った食生活&慢性的な運動不足が大きな影響であると考えられます。

ちなみに、まだ若いから安心と思っている女性は、妊婦さんの「妊娠糖尿病」をご存知でしょうか? 妊娠時、多くのホルモンを分泌する胎盤により、母体がインスリン量を増やすことで妊娠糖尿病になるケースも。

糖尿病を未然に防ごう

・糖尿病を未然に防ごう

生活習慣に関する病気は日頃の対策で予防していくことが大切。
病気になってしまうと病院に通う生活も大変だし、医療費の心配もあったりと多くの問題を同時に生じます。

ちなみに糖尿病はなってしまうと、完治は不可能とされるため、血糖値が高いと自覚されている方は特に対策をしていくことをお勧めします。

糖尿病の心配が無いとお感じの人でも
しっかり噛むクセをつける、暴飲暴食をしない、肉類を控え魚を摂る、
野菜を食べるといった習慣は健康的な生活をする上でも重要。

食生活を改めながら、運動をしていくことで好循環をもたらします。普通の体型の人とと比較して肥満体型の人は糖尿病になりやすいため、食べ過ぎを注意し、ガツガツ食べるよりも適量をしっかり噛んで満腹感を得る習慣をつけておくと良いでしょう。


・糖尿病の予防策

上記のように、食生活を健康的なものに切り替えておくこと、そして適度な運動を習慣化させることが重要です。

ちなみに、厚生労働省による糖尿病予防策として
食事は規則正しい時間帯を意識し、糖質・脂質を控えめにし、
味付けをさっぱりしたものにし、野菜を多く摂取し、
高カロリーなものを控え、小分けにして食べる
・・・などの方法を推奨しています。

問題が大きくなる前に出来る事からすこしずつ始めてみましょう。
生活習慣病は日頃の積み重ねで大きな変化をもたらします。



こちらもおすすめ⇒糖尿 サプリ


to TOP